top of page

NyumNyum会議2023 作り手たちのお茶会1〜宮田店長と銀座トリコロールでエクレア〜

NyumNyum2023 うたかたのお茶会」がいよいよ迫ってきました。

ギリギリまで粘って描き続けてしまうタイプなのですが

今回は描きたい絵が沢山浮かぶので、どれを形にしよう。

たくさんのラフスケッチと、にらめっこしている毎日です。

さて。

こちらは、ニャムニャム展で販売する、珈琲ラベル用の絵です。

原画は、鉛筆と色鉛筆で仕上げています。

珈琲は会場のひるねこBOOKSさん近くにあるCouzt Cafe(コーツトカフェ)さんの「宮田ブレンド」。

店長の宮田さんが珈琲の勉強を続ける中でうみだした、こだわりのブレンドです。

私自身もこの珈琲が大好きで、いつもリピートして購入している大好きなお豆。

(常備したいけどすぐ飲みきっちゃう)

ぜひぜひ、手にとっていただきたい一品です。


- - -


そしてこちらが

銀座のトリコロールでいただいたエクレア。 宮田店長と珈琲パッケージ会議をした時の一枚です。


エクレアを食べながら 「珈琲のラベルはこういうイメージにしたいのだけど、どんな動物がいいかなぁ」

軽い気持ちできいた私に宮田さんが 「最近、クマさんに、幸せになってもらいたいんですよね…。」 という答え。 ハッとして、ガツンと響いたひとことでした。

自分も作家なら、こういう提案を自分ができなきゃいけなかった…という

ものすごい恥ずかしい気持ちにもなりました。 私はずっと東京に住んでいるし、簡単に共存とか、かわいそうとか 言える立場にはないのですが、 それでも子供の頃から絵本や童謡の世界で親しんできたクマたちが 冬眠もままならないほど、 危険を冒してでも人間に近づかなければならない、 そんな現状を伝えるニュースには、心が痛みます。 そんな厳しいニュースを見ながら、 さて、絵描きはどんなことを描いたら良いのだろうかと立ち止まりました。 クマを描くことは、宮田さんとの会話で、私の中で決まったのですが さて。では、ニャムニャム展の「ニャムニャム」ってどういうことなんだろう。 ねこの鳴き声と、おいしいおいしいを掛け合わせた造語だけれども それ以上の意味がないと、他の動物を描いたりなんてできないし。

作り手の方も作家の方も、届けることに並々ならぬ気持ちを持っている方ばかり。

ただ「美味しいものが買える展示」ではないし。 いろんな思いが溢れました。 それで、もやもや考えて、私がいきついたニャムニャムっていうのは、 「幸せの音」みたいなことでした。


おなかが満たされて、安心があって、私たちが豊かな時間を過ごせること。 お菓子や美味しいものを食べるだけじゃなくて きっと、自分を満たす行動ぜんぶが「ニャムニャム」っていうことで、 その時に聞こえる音みたいなものなのかなって。 なんだかそれって、 自分がつくりたい作品の世界そのまんまだ…。 そんなことで、この珈琲のラベルが出来上がりました。


頭の中で、くまさんの幸せなおはなしを思い浮かべながら。

- - -


さて。

このラベルに「To」の文字が入っていますが

珈琲を誰かに贈りたい方はどうぞ、その方のお名前をラベルに書いて送ってくださいね。


また、自分用にという方。(わたしもです)

私が在廊している時は、よかったらお名前をいれさせていただきます。


お気軽にお声がけくださいね。


みなさまどうか、からだを温かくして、ニャムニャムお過ごしください。

やまぐちまりこより



 

『〜Nyum Nyum 2023〜うたかたのお茶会』展


期間 2023年12月1日(金)〜12月14日(木)


時間 平日 12時〜20時


   土日祝 18時半頃まで(最終日は16時まで)


定休日 火曜日



入場無料




* 営業時間や定休日は変更の可能性があります。


* 最新情報や在廊予定は店舗および各作家のSNSをご確認下さい。



詳細はこちらのブログページにまとめています。



最新記事

すべて表示

2024年へむけてアップデートのお知らせ

急に冬らしい寒さになりましたね。 おやつの時間、皆様いかがお過ごしでしょうか?ニャムニャムしていらっしゃいますか? NyumNyum2023には沢山のご来場をいただきまして、誠にありがとうございました。 ずっと楽しみにしてくださっていたお客さまたちに囲まれて、 本当に幸せなお茶会の時間を過ごすことができました。 今後の予定はまだ未定ですが、 また、決まりましたらお知らせさせていただきますね! さて

Comments


bottom of page